スポンサードリンク

2013年09月12日

頭痛対処法

偏頭痛

偏頭痛は、早めに鎮痛薬を飲んで、光が当たらない部屋で寝ると頭痛は治ります。
血管の炎症を抑えるため、冷たいタオルや冷却シートなどでおでこや頭を冷やして安静にします。

こめかみを押さえたり、タオルなどで縛るのも良いでしょう。

コーヒーや緑茶などに含まれるカフェインは、血管を収縮させる作用があるので、偏頭痛を抑える効果があります。
アイスティもオススメです。

カフェインのとりすぎや、空腹時の低血糖は悪化する場合もあるので、砂糖などをいれるといいです。
血管を拡張して、血行を促進させるため、血管の拡張で起きる偏頭痛がひどくなるおそれがあるので、アルコールは控えましょう。


アルコールは、血管が拡張するので、なるべく控えよましょう。
特に赤ワインやポートワインは、頭痛を起こしやすいです。

偏頭痛血管を収縮させるので、普段からマグネシウム・ビタミンB2をとることで予防効果が期待できます。
海藻、ひじき、昆布、豚のレバー、納豆などの豆類などに豊富です。

激しい運動は体温が上昇し、自律神経が激しく緊張するため、痛みを感じやすくなるけど、フラダンスは偏頭痛予防に効果的です。
偏頭痛の原因のひとつにセロトニンの欠乏があります。

フラダンスは、セロトニンを増やすために有効な運動です。

予防のための体操なので、頭痛の最中は行わないようにしましょう。

お風呂は血管が拡張し、痛みが増すので、シャワーにして早めに寝ましょう。
カラオケは、騒音や汚れた空気で片頭痛のもとになるので控えましょう。

偏頭痛は、マッサージなどに行くと悪化する場合もあります。

偏頭痛の特効薬 トリプタンを病院で処方してもらうのもいいでしょう。




緊張型頭痛

緊張型頭痛の治療は、ストレスを緩和することが必要です。

自分のストレスの状態を正しく把握し、ストレスによって筋肉が凝り固まっていることもあります。
日頃から適度な運動とストレス解消を心がけましょう。

骨盤のゆがみで姿勢が悪くなることもあるので、整体院などに行ってみるのもいいでしょう。
薬物治療という方法もあります。
抗うつ薬、抗不安薬、薬物治療もあるので医師に相談してみてください。


マッサージは、 後頭部から肩にかけてすると楽になります。

緊張型頭痛は、体操やツボ療法などでかなり痛みを和らげることができます。

緊張型頭痛に有効なツボは首の後ろにあり、頭痛、肩こり、目の疲れに効くツボは天柱です。
後頭部の一番でっぱったところから指2本分ほど外側にあります。

中指が天柱のツボにあたるように、両手の4本指を置いて、数分間動かしてあげるといいです。。


高すぎる枕は、頭痛や肩こりの原因になるので、日頃の姿勢や、枕の形状なども工夫すると良いでしょう。

蒸しタオルなどで、肩から首筋、頭周りの筋肉の緊張筋肉をほぐします。

緊張型頭痛は、入浴も効果的です。
ぬるめのお湯にゆっくりつかる習慣をつけましょう。

首や肩を温めると血行がよくなるので効果的です。
筋肉の緊張をほぐして、血行を良くしてあげるのが1番の頭痛対策です。

お風呂は血行がよくなって、筋肉のコリがとれます。

お酒は、血行がよくなるので、痛みも軽減するので良いでしょう。

カラオケは 、ストレス発散が頭痛解消につながるのでおすすめです。

電子レンジで温めるホットパックもあります。
一度温めれば、 15 分ほど温かさが持続するのでおすすめです。

頭痛や筋肉のこりがひどくてつらいは、我慢せずに市販の痛み止めを飲むようにしましょう。




群発型頭痛


群発型頭痛は、すごく強烈な痛みが伴うため、薬で抑えるしかないです。
別名クラスター頭痛とまで言われていて、本当に凄い痛みなのです。


頭痛が起こる時間帯を把握して、前もって薬を飲むとよいです。
市販薬ではなく、医師に相談しましょう。

群発期(毎日痛みが起こる時期)は、アルコールを飲むと必ず群発頭痛が起こるので、アルコールは避けてください。


長湯や昼寝も、頭痛を誘発することがあるため、控えた方がいいです。

エルゴタミンは、脳血管の拡張を予防する効果があるので、頭痛がでたら早めに服用すると効果的です。
睡眠中に頭痛が起こる人は、就寝前にエルゴタミンを服用すると頭痛の予防になります。

狭心症の治療薬である、ニトログリセリンのような血管拡張薬は群発頭痛の引き金になるので、服用法をしっかり医師とよく相談しましょう。

酸素を吸入すると強い群発頭痛が軽くなる場合があります。

100%の酸素を10〜15分吸入しないといけないので、病院で相談したり、酸素ボンベをレンタルする必要があります。
薬局などにあるで携帯用の小さな酸素ボンベは、酸素の濃度が少ないため、あまり効果が期待できません。


自己コントロールは難しいので、早めに頭痛外来か神経内科へ行かれてみてください。




複合型頭痛

緊張型頭痛、偏頭痛のそれぞれの原因と症状の時に、それに応じた対処をしましょう。

頭痛薬をよく飲んでしまいがちですが、頭痛を悪化させてしまうので、くれぐれも薬を飲み過ぎないことが大切です。


| 頭痛解消 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。